本文へスキップ
株式会社ナブラ・ゼロは防災/減災技術で培った高度なIT技術で、生活の安心・安全をマネージメントする会社です。

サービス/製品一覧SERVICE&PRODUCTS

サービス一覧

○○○○○○○○イメージ

各種防災関連システム開発・無料の地理情報システム活用・防災コンサルティング

今般発生した東日本大震災および津波により被害を受けた地域に社員を常駐させ、被災した自治体向、仮設住宅の管理システムをはじめとする、各種被災者支援のためのシステム開発に取り組んでおります。また、独自に開発したデジタル標高モデルを利用した土砂災害危険度予測や民間通信衛星を活用した災害発生時地上の状況に左右されることなく通信環境を維持させるための通信システムの開発・運用に関するコンサルティングなど、従来まで行われていなかった「平時利用のシステム内で緊急時対応を可能とするシステム」「絶対にとぎれることのない通信回線確保」といった分野で活動をしています。

加えて、防災のために地理情報システム(GIS)の活用は必須ですが、非常に高価かつ運用に専門的知識を必要とするなど、緊縮財政の中、いかにその運用コストを下げるかが大きな課題になっています。弊社では、世界的に極めて高速度な進化を遂げているgvSIGMapwindowQuantum GISなど「無料のGIS」をデスクトップ環境に、MapServerGeoServerGeoMajasPostGISMySQL Spatial Extensionなどサーバ用GISデータベースシステムと自在に融合させることで、全てオープンソース(あるいはそれに類するシステム)から構成される統合的な地理情報活用システムを提案・提供いたします。


製品一覧

「AR津波カメラ AR TSUNAMI-CAMERA」

 AR津波カメラは、津波がどこまで到達するか拡張現実AR(Augmented Reality)機能を使って実感するためのアプリです。

iPhone 対応
Android 対応

「AR津波カメラ フィールドミュージアム AR TSUNAMI-CAMERA FIELD MUSEUM」

 AR津波カメラ フィールドミュージアムは、東日本大震災により発生した実際の津波の高さ(浸水深)を被災地内のその現場で再現するアプリです。
 利用可能範囲は岩手県大船渡市・陸前高田市、宮城県気仙沼市の三市の領域に限定されています。

iPhone 対応
Android 対応

「津波ニゲリーノ TSUNAMI-Nigerino」

 津波ニゲリーノは、津波に対する安全度を、海岸線までの距離と標高の2つのパラメータを 使って評価し、自分の周辺で比較的安全と考えられる地点を知り、設定した地点への避難訓練を目的としたアプリです。

iPhone 対応
Android 対応

「標高チェッカー HYOUKOU-Checker」

 標高チェッカーは、地図上で指定した地点の「標高」「緯度」「経度」をチェックするアプリです。

iPhone 対応
Android 対応


バナースペース

株式会社ナブラ・ゼロ

〒929-0327
石川県河北郡津幡町庄リ87-1
庄の里U 102号

TEL&FAX: 076-288-2812
otoiawase@nabla-zero.jp