本文へスキップ
株式会社ナブラ・ゼロは防災/減災技術で培った高度なIT技術で、生活の安心・安全をマネージメントする会社です。

当社の理念Philosophy

会社名の由来とそこに込めた理念

「ナブラ」ドット・ユー・イコール「ゼロ」は、循環を表す物理法則「質量保存法則」を意味するベクトル方程式です。

地球上では太陽エネルギーと生命活動を介してこの物質循環が生じるため、仏教の「輪廻」を数式により表現したものとも言うことができます。

人間を含めて動植物はこの法則が成り立つ世界でしか命を保ち続けることができず、それは「社会」とて例外ではありません。

我々は、先端科学を応用し、この法則に調和した社会システムの構築を目指します。


CEOメッセージ

当社では、創業以来、防災に関連した技術開発および情報システムの開発に従事して参りました。
この度の東日本大震災で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

ところで、防災の基本は自助・共助・公助にあると言われています。自助とは、災害に対して「自ら備える」、共助は近隣の助け合い、公助は公的機関による様々な防災対策を意味しています。弊社は、これら自助・共助・公助、すべてのレベルの防災対策に最適なシステムを開発・提供いたします。

自助については、現在、津波・ゲリラ豪雨等から個人の生命や財産を守るシステム開発、共助については、これを促進するためのSNS(Social Network System)、公助についてはフリーなGIS(Geographical Information System)と大規模ネットワークを融合させることによりコストパーフォマンスに優れた情報システムの開発等を進めております。


会社沿革

2008年6月
茨城県つくば市に設立、金沢に事務所・研究所を置く
2008年10月
独立行政法人防災科学技術研究所、国土地理院、等と取引開始
2009年*月
eコミウェアを開発、独立行政法人防災科学技術研究所に納入
2011年1月
第三者割当増資にて資本金1000万円となる
2011年1月
本社(登記地)を東京都に移転、つくば市(旧本社)は営業所とする
2011年1月
監査役設置会社化
2011年3月
福祉事業部を新設
2013年1月
開発・活動拠点を河北郡内灘町より同郡津幡町に移転

バナースペース

株式会社ナブラ・ゼロ

〒929-0327
石川県河北郡津幡町庄リ87-1
庄の里U 102号

TEL&FAX: 076-288-2812
otoiawase@nabla-zero.jp